いよいよ2020年の中央競馬のレースが今日でファイナル。


昨日はホープフルステークスG1をやっていたのだが、日曜日の開催だと思って出馬表すら見なかった。


今日は気を取り直しての有馬記念G1の予想。


1番人気は現在クロノジェネシス。宝塚記念で圧勝し、天皇賞ではアーモンドアイに0.1秒差に迫る3着。このメンバーでは人気になるのは頷ける。


自分本命はカレンブーケドール。毎回、堅実にやって来る安定した走りに注目。単勝は買えないが軸馬としてはこの馬。ジャパンカップは4着だったものの、1着がアーモンドアイで2、3着が今年の3冠馬なのでしょうがない。


対抗はフィエールマン。直線の短い中山競馬場で届くかどうか心配ではあるが、やはり天皇賞秋で超キレた末脚が魅力的に感じた。


紐は、クロノジェネシス、キセキ、オーソリティ、ブラストワンピース、ラブズオンリーユー、ラッキーライラック、オーソリティ。


アルゼンチン共和国杯を勝った3歳馬のオーソリティがなんか不気味。




「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】