本日の京都競馬場では第25回秋華賞G1が開催!


今回は史上6頭目の牝馬三冠、しかも史上初となる無敗の牝馬三冠馬の誕生が期待される。


その無敗の牝馬三冠の期待を背負う馬がデアリングタクト。


これまでの歴代の牝馬三冠馬は、

  1. メジロラモーヌ(1986年)

  2. スティルインラブ(2003年)

  3. アパパネ(2010年)

  4. ジェンティルドンナ(2012年)

  5. アーモンドアイ(2018年)


の5頭。












ジェンティルドンナやアーモンドアイに至っては、その後の大きなレースでも大活躍し、名馬の中の名馬となった。


それでも無敗の牝馬三冠馬はいない。


本日、歴史的快挙を見ることができるか!


デアリングタクトが負けたら負けたで歴史に残るレースになりそう。


秋華賞は直線坂のない京都コース、更には直線が短い内回りでは、デアリングタクトの脚質では取りこぼす可能性も大いにあり。


できれば京都競馬場で歴史的レースを見届けたかったところだが、秋華賞の観戦は混雑することは間違いないと思うので、家でゆっくり観戦することにする。



「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】