2020年の毎日王冠G2(東京競馬場、芝1800M)はサリオスが古馬を蹴散らして余裕のV。


これでサリオスに負けていないコントレイルの株も更に急上昇!


スタート直後、なんなく先行集団に付けるサリオス。


そしてトーラスジェミニとコントラチェックがガンガン逃げてハイペース。サリオスは慌てず前の2頭とはやや離れた4番手。


サリオス、直線に入ると勝負所で加速し、あっという間に先頭に立ち、2着のダイワキャグニーに3馬身差をつけての圧勝。


3着はサンレイポケット。







今年の毎日王冠には1線級がいなかったとはいえ、古馬に対しての貫録勝ちは、やはりサリオスはズバ抜けた馬。


このサリオスがコントレイルには皐月賞とダービーの2戦ともに勝ててない。コントレイルの無敗の3冠達成は間違いなさそう。


ちなみにサリオスの次走はマイルチャンピオンシップG1か香港のレースを目指すらしい。


天皇賞(秋)G1かと思っていたが残念。


できれば香港ではなく、日本で戦ってほしいところ。


「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】