2020年エルムステークス(札幌競馬場、ダート1700M)は、1番人気のタイムフライヤーが快勝。


そんな強いというイメージがないが、マリーンSに勝利して一皮むけたのかな。


展開は、序盤に逃げて粘るリアンヴィリテが上手く逃げれた展開。リアンヴィリテに逃げられたかと思いきや、アナザートゥルースとハイランドピークがプレッシャーをかける。


そこのスキを突いて捲り上がってきたタイムフライヤーとウエスタンルンドが先団を捉え、更にタイムフライヤーの勢いは止まらず、ウエスタールンドに2馬身差をつけてタイムフライヤーの快勝!





このレースだけ見るとタイムフライヤーは本格化してきた感じ。


ウエスタールンドは脚質的に小回りの札幌競馬場はハンデが大きいか。





自分本命のエアスピネルも4コーナー、絶好の位置にいたのだが、ここで伸びきれなかったのはダート戦での限界を感じた。


前走のプロキオンステークスは稍重で脚抜きの良い馬場だったのが好結果を生んだのかも。


エアスピネルのダート戦はしばらく様子を見る必要あり。


競馬予想なら!【競馬最強の法則WEB】