いや~おもろかったドラマ「テセウスの船」。


今クールのドラマでピカイチに面白かった!


テセウスの船は、主人公の心が過去に戻って、冤罪の父親と毒殺されてしまう子供たちを救おうとする内容。


心が過去に戻る前に妻を亡くしてしまうのだが、過去が変わってタイムパラドックス化した未来に戻る心と妻の再開が切なかった。


再び過去に戻った心が、ラストに父親の前に真犯人に刃物で刺され、死んでしまうのも切なかった。


過去が変わってタイムパラドックス化した未来では、未来で誕生した心が妻と結婚することになっていて父親の前で心が幸せそうにしているのも切なかった。


父親の佐野文吾は、死んでしまった心とその後に生まれてきた心も知っているわけで、どんな気持ちで心と婚約者を見守っていたのか・・・。


ちなみに今回のドラマと原作の漫画版(東元俊哉)は真犯人が違うそうな。漫画版も気になるね。


テセウスの船(1) (モーニングコミックス)