やっぱり面白かった。


百田尚樹の「夏の騎士」。




ページ数は250ページでサクサクッと読めた。


読んでると少年の頃を思い出す。


秘密基地とか、それに似たようなもの作った経験あるのでは。


妖怪ババァは居なかったけど、頑固ジジイは近所にいたな。


騎士団を結成してマドンナを守るとかはないけども。


主人公の遠藤とヒロインの壬生の距離が縮まった件はリアリティあった。


小学生でこの勇気を持つ男子は少ないような気もするが。


正月の帰省とかで新幹線の行き帰りで読むのに丁度良いかも。


夏の騎士








「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】